OSANPOな日々 in 岐阜 – 下呂温泉を散歩

こんにちは、おさむしです。
岐阜の観光地といえば、日本三名泉にも選ばれた下呂温泉。
ゲロゲーロな温泉街を散歩します。




日本三名泉のひとつ、下呂温泉を散歩


下呂温泉

みなさんは日本三大◯◯がいくつ存在するか知っていますか?
私は知りません。数を知りたい人はこちらから数えてください。いやいや…多すぎでしょ。
散歩をはじめた頃は日本三大◯◯に一喜一憂してましたが、もう惑わされません。

下呂温泉

そんな日本三大◯◯のひとつ、日本三名泉に選ばれている下呂温泉にやってきました。
なぜ日本三名泉に選ばれたのでしょうか?調べてみましょう。

下呂温泉

日本三名泉とは、有馬温泉(兵庫)、草津温泉(群馬)、下呂温泉(岐阜)の3つの温泉を指します。
室町時代の京都五山相国寺の詩僧・万里集九の詩文集「梅花無尽蔵」に3つの温泉が記載されていることを受けて、江戸時代の儒学者・林羅山が自らの詩文にもこれらの温泉名を残したことに由来します。

〜中略〜

下呂温泉(岐阜)は飛騨川流域で湧出しており、飛騨川を中心に広がる温泉街は歓楽的な賑わいと、山間の風情の両方が感じられる温泉地です。質はアルカリ性単純温泉、すべらかなお湯です。
(BIGLOBE温泉 温泉大辞典より)

下呂温泉

なぜなの…!?

下呂温泉

そんな時は、とりあえず散歩してみましょう!
温泉地の真ん中には川が流れており、そこの側道をずっと歩いていくことができます。

下呂温泉

この道のずーっと奥には下呂温泉合掌村という合掌造りの民家を再現した観光施設があります。
下呂温泉内でゆっくりと観光したい人にはオススメです。

下呂温泉

個人的には、実際に白川郷などの合掌造り集落に行って泊まるのがやっぱり最高だと思います!
そこでしか味わえない感動が必ず待っています。
私たちはフルーツ牛乳とコーヒー牛乳で乾杯!これめっちゃうまいです。

下呂温泉

飛騨のおみやげといえば「さるぼぼ」。さるぼぼはうすという専門店がありました。
さるぼぼは猿の赤ん坊という意味で、母親が娘の縁結び・安産・夫婦円満を願って作り与えたそうです。

下呂温泉

温泉街歩きながら何をしようかな〜と歩いていたら小さな発見が…!
私、実はカエルがすきなんですが、下呂温泉はカエル好きの聖地でもありました。

下呂温泉

GERO GERO みるくスタンド(ここのアイスは絶対食べるべき)

下呂温泉

かえる神社(加恵瑠神社)

下呂温泉

神社の灯籠にカエルが!

下呂温泉

お菓子屋の旗にも!

下呂温泉

道ばたの外壁にも!

下呂温泉

かえるの滝まで!

下呂温泉

Tシャツにも!ゲロゲーロ。

下呂温泉
下呂温泉

下呂温泉には、湯之島館という有形文化財に登録されている宿もあります。
今回は違うところに泊まったので、次回リベンジ!

下呂温泉

電車に乗りこみ、高山へとレッツ ゲロゲーロ。
前日に宿泊した下呂観光ホテルを眺めながら下呂温泉を後にしました。

一切触れてませんでしたが、温泉のお風呂も最高でしたよ。
温泉の質もなめらかでありつつ、肌に張り付く感じもあって、美肌ツルツル。
岐阜に来た時はぜひ下呂温泉へ!