OSANPOな日々 in 岐阜 – 金華山を散歩

こんにちは、おさむしです。
サイトをリニューアルしたので、本格的にブログを再開します。
毎日1記事書くぞ!と気合いを入れてみたものの過去の記憶を思い出しながら書くのって大変……
1週間に1記事がやっとじゃないか…(;゚ロ゚)
ゆるゆると書いていきたいと思います。

最初は、岐阜デイズ!
岐阜はあまり書かれていないですね……とがっかりされたのですが、ちゃんと訪れてます!
まずは先日訪れた金華山から振り返ります。




岐阜城へ続く道 金華山


オトナの冬休みを過ごす、ある日の午前中。
私は名古屋にいました。
青春18きっぷが使える期間は、だいたい西日本へとぶらり散歩にいく私。名古屋ー静岡ー東京
18キッパーズにとって、この区間ほど辛いものはありません。
見慣れた景色、見慣れた路線図、見慣れた乗換駅……

「ここは進むんではなくて戻ってみよう」

地獄の六時間鈍行列車の帰り道を耐え抜くために、岐阜に寄って観光をすることにしました。

金華山と岐阜城

駅について地元のおばちゃんが販売していたオニギリを購入。
散歩は突然の思いつきでごはんを食べる時間もなくなってしまうので、オニギリは最高の相棒です。
地元のお店かなーとレシートを見ると「kiosk」の文字。
おそるべしキヨスク。

金華山と岐阜城

駅を出ると金の織田信長さまが出迎えてくれました。
金華山へは、駅から歩くと一時間近くかかってしまうのでバスに乗り込みます。

金華山と岐阜城

バス停で登山客っぽいオバチャンに話しかけられました。
彼女も18キッパーだそうで、姫路からはるばる鈍行で来たとのこと。

「お城は姫路のほうが立派だけど、飽きるからね」
いろんなところを旅してる様子でした。

金華山と岐阜城

金華山への登山道とロープウェイの乗り場は、岐阜公園の中にあります。

金華山と岐阜城

岐阜公園には、名和昆虫博物館があったり。

金華山と岐阜城

信長時代の地層を見れたり。

金華山と岐阜城

三重の塔があったりします。

金華山と岐阜城

梅がきれいに咲いていました。

金華山と岐阜城

金華山はロープウェイもありますが、登山コースがいくつもあって、2時間もかからずに登れてしまいます。
今日中に東京に(鈍行列車で)帰らねばならないので、私には時間がありませんでした。

金華山と岐阜城

うぇーい!あっという間に頂上付近へ。
ここから少し歩いて、岐阜城へと向かいます。

金華山と岐阜城

たしかあれは静岡の大井川鉄道の駅での出来事だったはず。
旅行にきていた夫婦と仲良くなって、いろいろと話していたら岐阜出身の人で「岐阜城にいきなよ」と約束してしまったのでずっと気になっていました。
三年越しの約束を果たしに、やっと岐阜城に来れました。

金華山と岐阜城

ロープウェイで登った先には、リス村があったり。

金華山と岐阜城

ひょうたん発祥の地があったり。

金華山と岐阜城

ありがたいお言葉を学ぶことができます。

金華山と岐阜城

どどどどーん!!岐阜城が現れました!

金華山と岐阜城

お城の周辺では、登山客の家族連れやじっちゃんばっちゃんが昼食をとっていました。
THE・観光地!って雰囲気がなくて、なんだか落ち着く場所です。

金華山と岐阜城

城付近でオニギリタイム。
高いところで食べるオニギリはなんでこんなにうまいんでしょうかね?

金華山と岐阜城

周辺をうろちょろしているとバス停で会ったオバチャンと再開。
登山でのぼってきたようです。

すると、おばちゃんがひとこと。
「あんたなら余裕で登れるわよ」
ロープウェイ乗らなきゃよかったかな……申し訳ありません……

金華山と岐阜城

300円を払って入場券を買って、岐阜城に潜入です。
織田信長さん、こんにちは。

金華山と岐阜城

頂上からの景色はすばらしい光景が広がってました。
街の雰囲気と曲がりくねった川の具合がいい感じ。

金華山と岐阜城

逆側は山が連なっている中に街があって、東京では見られない景色です。

金華山と岐阜城
金華山と岐阜城
金華山と岐阜城

城の中を散策して岐阜城を後にしました。
帰りは馬の背という険しいコースの山道から帰りました。

金華山と岐阜城

「もともと地上に道はない」
本当はいろいろと見ていきたいスポットがもっとあったのですが、時間の関係で断念。
まあ、また来るでしょう!

金華山と岐阜城

金華山は、地元の人も近隣地域の人も楽しく登りに来る、ほっこり山でした。
織田信長のイメージとは全然ちがう、あったかいまちだなぁという満足感たっぷりな気持ちで約六時間の鈍行列車に乗り続けて帰りましたとさ。