OSANPOな日々 in 神戸




南京中華街で炒飯を食らう



三ノ宮から一駅、元町へとやってきました。
横浜に行ったことある方は間違いなく、元町中華街を思い出します。

商店街と中華街がセットのまちは、食べ歩きにショッピングに1日楽しめちゃう最強の組み合わせ。
この日のぼくたちは、中華街「南京町」の飲食店で、ある企みを実行しました。


まずはタピオカミルクティーで口慣らし。
タピオカブームってずっと終わってない気がするのは気のせいでしょうか?

発表します。ぼくらの企みとは…
「炒飯をたらふく食べるコンテスト」です。

とにかく炒飯を食べまくって、一番おいしいお店を勝手に選ぶという企画です。
絵面的には変わり映えのしないこの企画も、こんな個人のブログだから書けることですよ。

まずはお店選び、最初はフィーリングでお店を決定しました。歩いていたら見つけたお店に入ります。


最初のお店では、炒飯と水餃子を注文。
サイドメニューを頼むなんて、まだ勢いがありますね。

はい、正直に言います。いくら頑張ってもお店の名前を思い出せません。
優勝したお店だけ覚えているので、最後に発表しますね。

無難においしいお店でした笑。


二軒目。エビのぷりぷり感がたまらない炒飯です。
無難においしいお店でした…。


そして、記念すべき第一回「神戸炒飯コンテスト」優勝者は…!
じゃかじゃかじゃかじゃかじゃーん!!

Google先生に教えてもらったお店、『神戸元町別館牡丹園』ですっ!
食べログ評価は3.67!正直店構えから違って、入るのに躊躇する高級そうな店内でした。

そんなお店で「焼き飯 1000円」だけを注文して、黄金の炒飯を食らう!うまい!
他のメニューもおいしそうだったので、他の店で炒飯食べずにここでディナーを堪能すればよかったです笑!

こうして第一回「神戸炒飯コンテスト」の幕は閉じました。
文明の利器には勝てませんね。

(3ページ目へ)