オーストリアのウイーンをおさんぽ 03

どうも、おさむしです。
リニューアルしてからブログのやる気が湧きでています。
何事も形から入ることは大事!
はじめてのヨーロッパ、最後の記事です。




リンクの外側、シェーンブルン宮殿を歩く


チャリン チャリン チャリーン!!!
路面電車に乗って、謎の場所で降ろされたご一行は自転車に怒られていた。

オーストリアでは歩道とサイクリングロードが完全に分かれており、自転車の道を歩いてしまうと非常に怒られる。
とはいえ、駅じゃないところで降ろされたらサイクリングロード歩くしかないじゃないの。

軍人さんっぽい人とチャリダーが喧嘩している光景を眺めながら1日がはじまった。
最終日の前日、私たちはウイーンのリンクの外側にある世界遺産の宮殿を目指していた。

ぜんぜん信号変わらないなあ。
日本と同じような押しボタンを見逃して、変わらない信号を待っていた。

ひろーーーーい!世界遺産・シェーンブルン宮殿へ到着!
この宮殿はマリー・アントワネットが15歳まで育った場所である。

オーストリアの世界遺産は全部で9つあって、そのうち2つがウイーンにある。
今回は「ウィーン歴史地区」「ヴァッハウ渓谷」「シェーンブルン宮殿」へ行ったので、いつか全部制覇してみたいな。

宮殿の裏にはとても広い庭園が広がっており、この敷地だけで何時間も楽しむことができる。
いやいや、私たちは時間がないのだ。このあとヴァッハウ渓谷へ移動しなければならない。

迷路庭園という入ったら出れなそうな場所やシェーンブルン動物園もある。
チケットを買えば、宮殿の中を見学することもできる。全然中に入らなくてごめんなさい。

庭園を歩いて、宮殿の裏側へ。また違った顔を見せてくれる。

ん?割れたグラスが飾ってある。
誰かのアートなのか、マリー・アントワネットがワインを飲んでいたのか。

ん?庭園の奥になんかビニールハウスがあるぞ。

まるでライブ会場ではないか!!この次の日は、前回の記事で説明した祝日。
それに合わせて、シェーンブルン宮殿サマーコンサートが開催されるらしい。
しかも無料!行きたかったなー!

くそお!電車の時間が迫っている!
空いている朝のシェーンブルン宮殿に後ろ髪引かれながら次の場所に移動しました。
ちなみに朝の7〜8時くらいにくると空いててゆっくり見れますよー!

(2ページ目へ)