襟裳岬をおさんぽ

ごぶさたしております。おさむしです。
ちょっと世の中が大変ですが、相変わらずおさんぽは楽しいですね。

これからは自分のアーカイブとしてこのブログを続けてみようと思います。
自分らしさをどっかに置いてきたようなので、思い出せたらいいなくらいの気持ちで書く。くらっ。

端っこを目指すことに理由なんてない。
北海道に住んでいたら、とりあえず岬を目指したくなるのだ。

襟裳岬〜〜〜
北海道のおしりに当たるところです。

春のえりもは春うにが食べられるのさ〜〜〜
来る途中、いろんな店先に春うにののぼりが立っていました。

アイ・アム・ミサキ

楽しそうな顔してんな。

襟裳岬 先端の突端。
意味のないことを書くのってシアワセだなあ。
なにかから解放されたい人はぜひ襟裳岬へ。

カフェに来てみました。
椿サロン 夕焼け店。

和の甘さをいただく。コーヒーも美味しかった。

写真じゃ伝わらないんだな〜。
ちょうど夕日が沈んでいくタイミングに遭遇できてシアワセ。

めっちゃ猫がみてる。

夕日を追いかけて漁港へ。

沈む前に間に合った。
目的を決めないと彷徨うこともあるけれど、素敵な偶然に出会うこともある。
そんな1日でした。